ブルゾン

このページでは、ブルゾンにオリジナルプリントを入れる際に知っておきたいプリントの配置や平均的なサイズ、オススメの活用シーンなどを具体的に紹介します。

ブルゾンへのプリントの特徴

ブルゾンは肌寒い日や逆に日差しの強い日、防水なら雨の日などさまざまな場面で活躍する、1枚持っているととても重宝するアイテムです。

ただブルゾンにはいろいろなタイプがあるため、プリントもすべて同じようにはいかないようです。例えば中綿が入っているタイプや裏地があるタイプ、防水タイプ、素材が綿か化繊かなどでもプリントの出方は異なりますので、注文する前にできる限り見本を確認した方がいいでしょう。

ブルゾンは前身頃の中心にジッパーがあり開閉するため、その部分にはプリントは入れられません。

また、背開きのあるタイプやないタイプもあり、それによってもプリントを入れられる位置やサイズが違ってきます。開閉部をまたいでのプリントはプリントのズレや素材の縮みなどが起こりやすいためあまりおすすめできません。

ブルゾンのプリント位置と平均的なサイズ

  • 袖…肩口から袖口の上あたりまで/5×5cm~5×30cmくらい
  • 前身頃…胸あたり/6×6cm~10×10cmくらい
  • 後身頃…背開きありの場合/10×10cm~30×20cmくらい、背開きなしの場合/10×10cm~30×30cmくらい

プリントの種類によっては一般的な位置やサイズと異なるものもせきることがあるようです。また、ブルゾンのサイズによって入れられるサイズも違ってきます。大きいサイズの人はそれだけ大きなプリントを入れられることになりますね。

ブルゾンの活用シーン

ブルゾンにオリジナルプリントを入れたものは、普段着の上から羽織るだけ使用できるため、とても便利です。中に着るものを選ばない、すぐにでも着用できることから、スタッフ用のユニフォームなどに大きな需要があります。

アイテムによって価格もかなり違いますので、目的や予算に応じて注文するといいでしょう。

  • スーパーなどのお店の店員用
  • 会社のロゴを入れて営業や現場作業に。
  • イベントのスタッフ用に
  • 高級感を出してプレゼント用に