Tシャツプリント業者選びドットコム » 知っておきたい!Tシャツのプリント方法

知っておきたい!Tシャツのプリント方法

Tシャツプリントはお気に入りやチームTシャツなど用途も幅広くプリント方法もさまざまです。そこで目的に合わせた最適な仕上がりを選ぶために知っておきたいプリント法ごとの特徴について詳しく紹介しています。

プリントの方法で違うTシャツの仕上がり

Tシャツのプリントは完全オリジナルができるため、世界で1枚あるいは1種類しかないTシャツが作れます。Tシャツプリントは費用や素材、仕上がりの雰囲気や精度など方法で異なるため、事前に知らないと「あれ?なんか想像してたのと違う」ということにもなりかねません。

また、プリント法には様々な種類があり、価格や手順などが違うことはもちろん、仕上がりがそれぞれに大きく違うのです。Tシャツの生地によっては適さないプリント法もあるため、選択肢が限られてしまうことも。

ここでは、そんなプリント法ごとの特徴を細かく調べて「プリントの詳細や方法」「手順」「仕上がりの特徴」「適さない生地や素材」などを詳しく紹介していきます。

また気になる費用や制作にかかる時間、出来上がった後の汚れにくさ、プリントの正確度などをひと目でわかるよう○×方式で紹介。これを見ればきっとあなたが求めているTシャツのプリント方法がわかるでしょう。

オリジナルTシャツに使用される主なプリント方法

オリジナルTシャツのプリントには次のようなプリント法があります。

  • シルクプリント
    デザインに合わせた版を使って素材に直接インクを刷り込む最もポピュラーなプリント方法。安くたくさん必要な時にオススメ。
  • インクジェット
    コンピュータを使って専用のプリンターでプリントする方法。繊細な画像や多色プリントにも対応していて応用の幅が広い。
  • 転写
    レーザープリンタ-などを使って専用のシートにインクを吹き付けてデザインシートを作り高圧で圧着する方法。
  • カッティング
    専用のシートを希望のデザインに合わせてカットし熱で圧着する方法。ユニフォームの名前やゼッケンによく使われている。
  • 刺繍
    刺繍専用のミシンにデザインを入力して素材に色で縫いこんでいく方法。高級感があり仕上がりも非常に美しい。