転写

このページでは、Tシャツプリント法の中の「転写」について詳しく調べて紹介しています。

転写は色合いや数が少ないなどの要望に対応できるプリント法で、生地や目的に応じたいくつかの種類があります。カッティングプリントのひとつともいえますが、ここではフルカラー対応の転写について説明します。

Tシャツプリントに使用される転写とは

転写とは、デザインに合わせてインクを吹き付けたラバーなどの薄いシートを切り出し、熱で圧着するプリント方法です。簡単に言ってしまえば、市販されているアイロンプリント(熱で押さえてつける転写シート)と同じ原理です。

ただ、アイロンプリントはあくまでも既成デザインなのに対し、同じ原理を用いてオリジナルのTシャツを作成するのが転写プリントです。

転写は版が不要なため、少ない枚数でも注文しやすいことや、色の数や種類に制限がないため多様性に優れています。

転写法もさまざまで高温と低温タイプやデジタルタイプとコピータイプ、昇華プリントなど目的に合わせていろいろ選べるようです。

メリット

  • 版が不要なため1枚からリーズナブル
  • 金銀などの特殊カラーも含めてフルカラーが可能
  • ほとんどの画像に対応できる(グラデーションや写真画像など)
  • ほとんどのTシャツ素材に印刷が可能
  • 比較的短期間でできる

デメリット

  • カットができないほど小さい線や画像は不可
  • シールで貼ったようなべた感がある(特に大きいデザインなど)
  • 色を作ることはできない
  • 複雑なデザインはふちがつくことがある
  • 高圧プレスによる生地や素材の圧接がみられることがある
  • パソコンモニター上の色合いとずれがあることがある
  • ドライクリーニングや漂白剤は不可
こだわりcheck!
費用のお手ごろさ かかる時間 汚れにくさ プリントの正確度

転写によるTシャツプリントの手順

転写はいくつかの方法があり、それぞれに特徴があるため自分の目的に合ったものを選ぶ必要があります。ここでは一般的な転写プリントの手順を紹介しましょう。

  1. 製品の決定、デザインの入稿・決定
  2. レーザープリンタなどで転写紙にデザインをプリント
  3. 専用の高圧プレス機にTシャツをセット
  4. 高圧でプレスして転写紙から圧着して転写

ただし生地や素材によっては仕上がりに好みが出るため他のプリント法が適していることもあります。色の数が少ない場合シルクプリントの方が安くなることもあるようです。