刺繍

このページでは、Tシャツプリント法の中の「刺繍」について詳しく調べて紹介しています。

刺繍は通常の圧着やインクには出せない高級感のあるプリント法です。自体や色などさまざまなタイプに対応していて比較的自由度も高く、プレゼントなどにも喜ばれる商品です。ロゴなどにも使われることも多く、オリジナリティがより強く出せるプリントです。

オリジナルTシャツを刺繍でつくる

オリジナルTシャツにも、刺繍でデザインを入れることが可能です。刺繍には、生地の表面に直接縫い付けてデザインをいれていく一般的な刺繍と、中にウレタンを入れ込んで厚みを出した立体刺繍があります。

平面の刺繍はTシャツなどの平らなものに使われますが、立体刺繍は主に帽子などに施されることが多いようです。

刺繍は素材を選ばないため、綿や化繊はもちろんのことデニムや中綿入りのジャンパーなどでもOK。ただの印刷とは違う、温かみと高級感のある仕上がりが人気です。

ただし、Tシャツに使用した場合、肌に当たる部分がゴワゴワする可能性もあるかも。

メリット

  • 高級感がありきれいな仕上がり
  • 生地や刺繍位置を選ばない
  • 洗濯可。色落ちも心配なし。
  • 型があれば色を変えてもOK
  • 刺繍用の機器にあるフォントなら基本の料金でOK。

デメリット

  • デザイン刺繍で歯型の費用が必要
  • 大きさや色の数などで費用が違う(相談しながら見積もりをして決定)
  • 柔らかく薄手の生地では素材のよれや縮みがでることがある。
  • 細い線(1~2mm)は不可
  • タンブラー乾燥やアイロンは不可
こだわりcheck!
費用のお手ごろさ かかる時間 汚れにくさ プリントの正確度

Tシャツプリントにおける刺繍の手順

刺繍は美しく繊細な模様が入れられることや高級感があります。ただし刺繍サイズに限界があることや、価格が比較的高いという特徴もあります。

  1. 製品の決定、デザインの入稿・決定
  2. デザインに合わせて型を作る
  3. 刺繍する位置に枠をはめて刺繍専用のミシンで加工する

手順としてはとてもシンプルですね。文字だけの刺繍で刺繍専用の機器に入っている標準フォントなら型も不要ですので、比較的短期間で安く作ることができます。

オリジナルデザインになると型から作るため時間がかかり型代も必要ですが、型ができてしまえば単価に違いはありません。ただし1枚のみ製作となると、型代と加工代がかかるため割高になります。