シルクプリント

Tシャツプリント法の中のシルクプリントについて詳細に紹介します。シルクプリントによるオリジナルTシャツにかかる費用や仕上がりなど他と比較して参考にしてくださいね。

最も一般的な方法であるシルクプリント

シルクプリントは最も一般的な方法として使われているプリント方法です。色数と同じ数の版下をつくり、直接インクをつけてプリントするため、耐久性がよく洗濯にも強いといわれています。

イラストや文字などの製版費用が最初にかかりますが、一度作ると基本的にそれ以降は必要ないためチームTシャツなど数が多いものに適しているといえます。

プリントをする数が多ければ多いほど割安になりますが、少ない枚数になると逆に割高になるようです。

インクには水性と油性があり、生地によってプリントを使い分けることになります。カラーを作りやすいため定番色からオリジナル色、金銀、ラメ、蛍光色なども可能です。ただし、版は色ごとに制作する必要があるため色の数が増えるとそれだけ版にかかる費用も上がってしまいます。

シルクプリントのメリット

  • 希望の色が作れたり、特殊な色も対応可
  • 使用する色の数が少ないと費用も安くできる
  • 選択に強くごわごわしない
  • 1年以内なら製版費用は不要
  • 数が多いほど安くできる
  • ほとんどの生地に対応可

シルクプリントのデメリット

  • 初回に製版費用がかかる
  • 基本的に縫い目など段差のない部分のみ対応可で大きさにも制限がある
  • 同デザインの違う色で制作する場合色の数だけ版の費用がかかる
  • 繊細な絵や文字は不可
  • ドライクリーニングやアイロンは不可
こだわりcheck!
費用のお手ごろさ かかる時間 汚れにくさ プリントの正確度

油性と水性の違いなども画像でわかりやすいです。

シルクプリント油性と水性の違い

シルクプリントの手順

シルクプリントはシルクスクリーンとも呼ばれ、版のスクリーンを通してインクを押し込みプリントします。

均一に流し込むにはそれなりのテクニックがいりますが、仕上がりはくっきりとした鮮明なプリントができてとてもきれいです。

中には自分でシルクプリントにチャレンジする人もいるようです。でもやはり複雑なデザインや仕上がりのよさはプロの技にはかなわないようですね。

  1. 生地や製品の決定、デザインの入稿・決定
  2. 版の製作
  3. 印刷台版とTシャツなどをセットしインクをのせる。
  4. スキージという専用の器具で均一にインクを押し込んでプリントしていく
  5. 複数の色があるなど必要に応じて数回繰り返す
  6. 版を静かに外し乾燥